なりたい自分になる~セラピスト養成スクール金沢〜

主任講師、ホリスティックセラピスト、ヨガインストラクターSHUKOの「自分らしく、人生を楽しむ」為のエッセンスと日常を綴ります!

体と心のお話

今日で11月も終わり、2018年もあと31日になりました。
皆さん今年一年はどのような年だったでしょうか❓
そして、同時に来年の目標、計画をたてなきゃならないですね

私は一年の、目標や夢を手帳のよく見える所に書いたり貼ったりして、よく目にするようにしています。
でも目標を立てるだけ、目にするだけでは人生はそう簡単には変わりません❗️

人生を変えるたったひとつのこと

それは、

行動です


動かないと何も変わらない
思うだけでは、物理的にそう、
変わらないのです。


なりたい自分になる為に
思い通りの人生を歩むために、
今よりもっとよくなるために、
夢を叶える為に

やっぱり行動するしかないんです。


でも自信がないと動けないのも事実
自信の根底は、、
自分を好きと思えるかどうか

「そんな急に自分に自信なんて持てない」
なんて聞こえてきそうですが、
日本人は結構いるんじゃないでしょうか?
事実、私もそうでした、、



実は自分を好きになるメカニズムがあります。

ファーストステップ
まずは
【自分を知る】
何が出来て、

どうゆいう性格なのか
冷静に、外から、自分がどうゆう人間なのかピックアップしてみます。

そうすると
自分の欠点も見えてきます。

そう、そこからが重要なのです。

本当の
ファーストステップは
【許すこと】

欠点も全て、自分を許す事

そんな自分でもいいんだよ
って許してあげてください。

日本人は特に
[こうじゃなきゃならない]
他人に迷惑をかけちゃいけない
と思いがち、だって小さい時からそう教えてこられたから、、


そうではなく
【まずは許す】


具体的にどう許したらいいのか、

言葉で許すんです
言葉は自分の思考に、直接影響を与えます。

「そんな自分の所も好きなんだけどね」
「まぁ、いっか」
と口に出して
自分を一旦許してあげてください。
 
そうすると
セカンドステップ
自分を愛する

自然に自分の事が、愛おしく、頑張ったな自分と思えてきます。
自分自身に自分で
承認を出してあげるのです。

プラス

【人に与える
挨拶でも
笑顔でも
何かを手伝ってあげるでも
飴ちゃんをあげるでも
ありがとうの言葉をかけるでも
何でもいいんです。

人の役に立つ、人を喜ばせてあげると、さらに自分の事が愛せ、そんな自分が好きになります。

自分を知る
自分を許す
自分を愛す
人に与える

そんな事をしていると、

自分に対しての尊敬、信頼感がうまれてくるのです。

結果


未来の自分への期待が持てるのです

なりたい自分になる為に歩き出せそうですね😊
応援しています💕


IMG_9400
夕暮れの富士山⛰









わたし、
ワクワクノートなる物を書いてます照れ

尊敬するセラピストの‘はやしひろこさん‘から伝授してもらった、ワクワクノート!

自分がワクワクすること、やりたい事を書くだけ、、
そしてたまに追記したり、覗いたりしてます。

でもこれがけっこう面白い!!

実現した物もあれば、途中の物もあり、全く未知のところもあって、

そしたらまた書きたくなって!

日記的な、記録簿のようなメモもしてあります。
頭で考えてるだけじゃダメ
文字で記録 自分の文字でね。

わたしの人生のテーマや

こうありたい
再確認して
忘れちゃダメってことや
感情的に走り書きしたこと


真央ちゃんが亡くなった時に、
ココロ動かされ
書いたもの。。

実は病気になってから
少しだけ、ご縁をいただいてお会いした事があるのです。

『やっぱりこの世は愛なんだ』

私、無意識に人に合わせる過剰適応気味なところがあるので、
もっと感情を出していないと、と感じました。



ワクワクノート、おすすめですよ照れ
引き寄せの法則で、願えば叶う

#☆アメブロからのお引越しブログ




久しぶりにお世話になっている、セラピストさんのケアを受けに行ってきました。


エネルギーの流れは良いとの事照れ
男性セラピストさんなんですが、私とは反対の性質をお持ち  

私は広く浅く出来る、オールマイティタイプ
その方はひとつの事を極めていく職人タイプ


私は皆んなでよくしていこう!
とみんなの事を考え動くタイプ
その方は、自分が良くなれば、周りもよくなっていく  とまずは自分からと考え動くタイプ

生まれ持っての性質であり、どちらが良い悪いではありません。

みなさんはどちらですか?

でも人間無いものねだりですねあせる
ひとつの事をずっと続けて行なうこと、追求していく人はすごい!
羨ましい!憧れます。




本当の真理を知ってらっしゃるセラピストさん
 毎日毎日生きている事への感謝を
体感で知ってるのは強い。


自分か存在している事に感謝ですね


アメブロからのお引越し



私のセラピストとしてのポリシーのひとつ
「産まれた時から、最後の時まで
その時々に合ったタッチを人生に取り入れてより素晴らしい人生を」

この詩はまさしくそのままだと思いました。
こころが震えました。


わたしにふれてください

作:Phyllis K,Davis



もしわたしがあなたの赤ちゃんなら
どうぞわたしにふれてください

今までわたしが知らなかったやさしさをあなたからもらいたい

おふろにいれてください
おむつを替えてください
おっぱいをください
きゅっとだきしめてください
ほおにキスしてください
わたしの体をあたためてください

あなたのやさしさとあなたのくれる快楽が
わたしに安心と愛を伝えてくれるのです

もし、わたしがあなたのこどもなら
どうぞ、わたしにふれてください

いやがるかもしれないし、拒否するかもしれないけれど
何度もそうしてください
わたしがどうしていやがるのかわかってほしいから

おやすみなさい、とだきしめるあたなたの腕が
わたしの夜を甘くしてくれる

昼間にみせてくれるあなたのやさしさが
あなたの感じる真実を伝えてくれる



もし、わたしがあなたの思春期のこどもなら
どうぞ、わたしにふれてください

もう大きくなったんだから、なんていわないでください
あなたがわたしにふれるのをためらうなんて
思いたくはない


あなたのやさしい腕が必要です
あなたのおだやかな声をききたいのです

人生は困難なもの、とわかった今
わたしの中の小さなこどもがあなたを必要とするのです


もしわたしがあなたの友達なら
どうぞ、わたしにふれてください

あなたが抱きしめてくれると
わたしはあなたにとって大拙な人だとわかるから

あなたのやさしさが、おちこんでいるわたしも
かけがえのない存在であることを
思い出させてくれるから
そしてひとりではない、と思い出させてくれるから

わたしにやすらぎをくれるあなたのありよう、
それだけがわたしが信じられるもの


もし、わたしがあなたの愛の相手なら
どうぞ、わたしに触れてください

あなたは、情熱さえあれば、十分と思うかもしれない
でも、あなたの腕だけが私のおそれをとかしてくれるから

あなたのやさしくおだやかな指先をください
あなたにふれられて、わたしは愛されているということを
思い出すことができる
わたしは、わたしなのだ、ということを
思い出すことができる

もしわたしがあなたの大きくなった息子なら
どうぞ、わたしにふれてください

わたしには、抱きしめるべきわたしの家族はもういるのだけれど
それでも、傷ついたときには
おかあさんとおとうさんに抱きしめてほしい

おとおさん、あなたといるとすべてがちがってみえる

わたしが、大拙なわたし、であると
思い出すことができる


もしわたしがあなたの年老いた父親なら
どうぞ、わたしにふれてください

わたしの手をにぎり、わたしのそばにすわって
わたしを力づけてください

わたしの疲れた体によりそい、あたためてください

わたしは随分しわくちゃになってしまったけれど
あなたのやさしさに力づけられる



どうぞ、何もおそれないで
ただ、わたしにふれてください


アメブロからのお引越しブログ☆

私がお店を始めた頃、よく来てくださるお客様がいらして ありがたい反面、そのお客様の後はとても疲れるというか、しばらく横にならないと動けないこともありました。 偶然知った、直伝霊気の講座。エネルギーワーク自体知らなかった私はそのお客様の件もあり、エネルギーを流すだけでお客様もよくなるなんて!と半信半疑で受講しました。自分がセラピストとしてどう進んでいこうか少しぐらついていた私はその後も色んなエネルギーワークやスピルチュアル的なものまで受け  感じたこと。。 「触ってほしい」 とただおもいました。 私はやっぱり触れられたいし、触れることにこだわりたい  だからわたしのセラピストとしてのテーマは 『この世に産まれてから、最後の時まで タッチ、触れることを取り入れて  こころもからだもたましいも 豊かな人生を送ってもらいたい』 だからその時々に適したケア方法を提供、施術できるようになる 産まれた時は大好きなお母さんから ベビーマッサージで安心感と愛をもらい 思春期、社会人、更年期 社会の中でストレスや体や心、ホルモンのバランスを崩し、自分ではどうにもならないときはセラピストやアロマの手をかりて心と体のバランスを取りもどす。 そして最後のときも、だた寄り添う、技術やテクニックはいらない優しく触れるだけでいい そう思っています。 そしたらHPSの同期の友人が紹介していた詩が同じような いやもちろんそれ以上グッとくる内容なので紹介します。 私が心打たれる大好きな詩の一つです。 長いので次に、、、 ☆アメブロからのお引越しブログ☆

↑このページのトップヘ