なりたい自分になる~セラピスト養成スクール金沢〜

主任講師、ホリスティックセラピスト、ヨガインストラクターSHUKOの「自分らしく、人生を楽しむ」為のエッセンスと日常を綴ります!

読書の秋 

小さなころ、お母さんと自転車で図書館に行っていたのをなんとなく覚えています。

本は色んな事を教えてくれて、良質な本は感情を動かしてくれる、、、魂のプチトリップです。

最近は本を読む時間もなく、読みたい本はたくさん待機中

今度の出身移動が待ちどうしい

o0480064013756628582


アメブロからのお引越しブログ

私のセラピストとしてのポリシーのひとつ
「産まれた時から、最後の時まで
その時々に合ったタッチを人生に取り入れてより素晴らしい人生を」

この詩はまさしくそのままだと思いました。
こころが震えました。


わたしにふれてください

作:Phyllis K,Davis



もしわたしがあなたの赤ちゃんなら
どうぞわたしにふれてください

今までわたしが知らなかったやさしさをあなたからもらいたい

おふろにいれてください
おむつを替えてください
おっぱいをください
きゅっとだきしめてください
ほおにキスしてください
わたしの体をあたためてください

あなたのやさしさとあなたのくれる快楽が
わたしに安心と愛を伝えてくれるのです

もし、わたしがあなたのこどもなら
どうぞ、わたしにふれてください

いやがるかもしれないし、拒否するかもしれないけれど
何度もそうしてください
わたしがどうしていやがるのかわかってほしいから

おやすみなさい、とだきしめるあたなたの腕が
わたしの夜を甘くしてくれる

昼間にみせてくれるあなたのやさしさが
あなたの感じる真実を伝えてくれる



もし、わたしがあなたの思春期のこどもなら
どうぞ、わたしにふれてください

もう大きくなったんだから、なんていわないでください
あなたがわたしにふれるのをためらうなんて
思いたくはない


あなたのやさしい腕が必要です
あなたのおだやかな声をききたいのです

人生は困難なもの、とわかった今
わたしの中の小さなこどもがあなたを必要とするのです


もしわたしがあなたの友達なら
どうぞ、わたしにふれてください

あなたが抱きしめてくれると
わたしはあなたにとって大拙な人だとわかるから

あなたのやさしさが、おちこんでいるわたしも
かけがえのない存在であることを
思い出させてくれるから
そしてひとりではない、と思い出させてくれるから

わたしにやすらぎをくれるあなたのありよう、
それだけがわたしが信じられるもの


もし、わたしがあなたの愛の相手なら
どうぞ、わたしに触れてください

あなたは、情熱さえあれば、十分と思うかもしれない
でも、あなたの腕だけが私のおそれをとかしてくれるから

あなたのやさしくおだやかな指先をください
あなたにふれられて、わたしは愛されているということを
思い出すことができる
わたしは、わたしなのだ、ということを
思い出すことができる

もしわたしがあなたの大きくなった息子なら
どうぞ、わたしにふれてください

わたしには、抱きしめるべきわたしの家族はもういるのだけれど
それでも、傷ついたときには
おかあさんとおとうさんに抱きしめてほしい

おとおさん、あなたといるとすべてがちがってみえる

わたしが、大拙なわたし、であると
思い出すことができる


もしわたしがあなたの年老いた父親なら
どうぞ、わたしにふれてください

わたしの手をにぎり、わたしのそばにすわって
わたしを力づけてください

わたしの疲れた体によりそい、あたためてください

わたしは随分しわくちゃになってしまったけれど
あなたのやさしさに力づけられる



どうぞ、何もおそれないで
ただ、わたしにふれてください


アメブロからのお引越しブログ☆

私がお店を始めた頃、よく来てくださるお客様がいらして ありがたい反面、そのお客様の後はとても疲れるというか、しばらく横にならないと動けないこともありました。 偶然知った、直伝霊気の講座。エネルギーワーク自体知らなかった私はそのお客様の件もあり、エネルギーを流すだけでお客様もよくなるなんて!と半信半疑で受講しました。自分がセラピストとしてどう進んでいこうか少しぐらついていた私はその後も色んなエネルギーワークやスピルチュアル的なものまで受け  感じたこと。。 「触ってほしい」 とただおもいました。 私はやっぱり触れられたいし、触れることにこだわりたい  だからわたしのセラピストとしてのテーマは 『この世に産まれてから、最後の時まで タッチ、触れることを取り入れて  こころもからだもたましいも 豊かな人生を送ってもらいたい』 だからその時々に適したケア方法を提供、施術できるようになる 産まれた時は大好きなお母さんから ベビーマッサージで安心感と愛をもらい 思春期、社会人、更年期 社会の中でストレスや体や心、ホルモンのバランスを崩し、自分ではどうにもならないときはセラピストやアロマの手をかりて心と体のバランスを取りもどす。 そして最後のときも、だた寄り添う、技術やテクニックはいらない優しく触れるだけでいい そう思っています。 そしたらHPSの同期の友人が紹介していた詩が同じような いやもちろんそれ以上グッとくる内容なので紹介します。 私が心打たれる大好きな詩の一つです。 長いので次に、、、 ☆アメブロからのお引越しブログ☆

↑このページのトップヘ